F1撮影旅日記と、あれこれ

アクセスカウンタ

zoom RSS ベルギーGPで3位入賞の快挙の意味。

<<   作成日時 : 2015/08/24 08:29  

ナイス ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 1

画像


ありえない・・・本当にありえない・・・奇跡だよ、本当に・・・

表彰式が終わって、記者会見を撮影した後にいつものチーム写真を撮りにピットレーンに向かいました。
ハミルトン選手とロズベルグ選手ではなく、グロージャン選手のロータスチームを撮りに向かいました。
というよりも、小松さんがどんな顔をしているか見たくてガレージに向かいました。
ちょうど、日本人のジャーナリストと話をしているところでした。

やったじゃん!おめでとう!と声をかけると、力の入った握手と共に、冒頭の言葉が続きます。
ありえない・・・
撮影も含め、30分くらい話をしました。
小松さんの口から、ありえない・・・という言葉がでたのか、そう、20回くらい出たように思えます。

画像


熱田さん、そのブレーキのカバー、見てくださいよ。
ロータスチームがルノーに売却されるんじゃないかとニュースでご存知の方もいらっしゃると思いますが、今回小松さんにいろいろ話を聞いてみると、本当にチーム内にお金の問題があって、新しいパーツが作る優秀な人間はいるのだけどその予算がないのです。
驚くかもしれませんが、3位に入賞したマシンは、ほとんどそのまま開幕戦を戦ったパッケージのままだという事。上位のチームは当たり前のように大小、目に見える物見えない物いろいろと毎戦新しい空力パーツが投入されます。
しかし、ロータスの現状は、このブレーキカバーのように繰り返しツギハギで再生しながら使っていますし、ブレーキローターなども、ローテーションしながら毎セッション使っていたり、当然、フロント&リアウイングなども開幕戦のまま。。。
なにやら、去年のケータハムの事とダブります。

だから、その限られたパーツのやり繰りをしながら毎戦戦わなければならないという現状は、例えば、よくぶつかるマルドナード選手のマシンのパーツと、グロージャン選手のマシンのパーツなどは、元は同じ設計ですから同じはずなんだけど、使って直してしまうと、同じでは無くなってくるので、2台での比較セットアップもままならなくなってきたりするわけです。
いまや、同じパーツを新品にしただけで、車は良くなると思うという現状のマシンです。

そんな厳しいやり繰りをして、獲得した今回の3位です。

上のメルセデス2台は、先っぽからおしりまで毎回ピッカピカのおニューのパーツだらけ、レッドブル、トロロッソ、ウイリアムズ、マクラーレン、フェラーリなどとは、予算が僕の勝手な予測ですけれど、2倍、5倍、10倍くらい違うんです。

そんな、ロータスというチームの強く上手くなったグロージャン選手が表彰台に上がったという事。

ありえない・・・奇跡だ。。。

画像


何度も聞いていますが、小松さんにとって、このロータスというチームは本当にいい人材がいて他のチームには絶対ない力があるし、なにより、みんな人間がいいそうです。
だから、今回のようなありえない奇跡が起こせたんだと思います。
そして、日本人の小松さんが、F1チームの全員から認められ、頼りにされていて、いまやチーム全体を舵取りするポジションにいる事が、同じ日本人として嬉しいし誇りに思います。

画像


いままでのレースで一番嬉しかった。
ベッテル選手のバーストで3位になった時は、すこしウルっとしたけど、すぐまたあれこれと車の事が心配になってそれどころじゃなくなってしまいましたけどね・・・

こういう事が、たまにあるからやめられないんだよね。

そう言いながら、笑顔の小松さん。。。

いや〜〜〜実は僕ね、今回はコースで写真撮っていて移動と撮影で全く余裕がなくて、モニターで順位を確認する事が出来ないままギリギリのタイミングでコースサイドをまわっているシャトルに乗れたという感じで。。。
ダッシュで階段を上がってゼーゼー言いながらピットに戻ったのがチェッカーの周。
だから、グロージャン選手が3位だって知ったのは、パルクフェルメでロータスが止まった瞬間でした・・・
え!マジか!!!
驚きました。メカニックさんと揉みくちゃになったシーンは最高でしたね。

外から見ているだけでは、全然わからない事が多いです。
今回、話を聞いて、本当に感動しました。

いやー〜、こんな事があるからやめられないよね、やっぱり!

あまりに嬉しかったので、久しぶりのブログ更新でした。

あと、マクラーレンですよね。
13位がアロンソ選手、14位がバトン選手。
後ろには、マルシアの2台だけ・・・
今回のホンダさんのアップデートと車体のアップデートは、不発でしたね。。。
パワーユニットも車体も、イマイチなようです。
そんな事は、中にいるホンダの人も、マクラーレンの人も重々わかっているわけです。
改善をどうしていくのか。。。また、振り出しに戻っちゃったようですけれど、特に、ホンダの方達には頑張って欲しいと思います。
同じ日本人として、この厳しいF1での戦いで勝つのを見たいです。
今日のように、間違いなく感動できると思うからね。。。

だって、グロージャン選手が可夢偉選手やらハミルトン選手、アロンソ選手をやっつけちゃったのはここの1コーナーだったわけで、その時は、みんなで、おいおい大丈夫か???!!!
ひどい扱いを一身に受けたじゃないですか。
それを、小松さんやチームと共に今や、あのマシンで、ミスなしに表彰台にまで連れていける、今最もいけてるドライバーに成長したわけです。

だから、ホンダの皆様、しばら〜〜〜くはキツイご意見など多々あるでしょうけれど、上を向いて行きましょう!

さてさて、仕事しなきゃ・・・もう、夜中の1時半だし。。。とっくにカメラマンは誰も、いないし。。。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 47
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ブレーキの写真、感動しました。単に写真を取るだけでなく、こういうチームの裏側の事情まで分かった上で取材をされているから素晴らしい写真になるんですね!今後も楽しみにしています。
あおとも
2015/08/25 16:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベルギーGPで3位入賞の快挙の意味。 F1撮影旅日記と、あれこれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる