F1撮影旅日記と、あれこれ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「福島の現実を見て、聞いて学ぶ会」に参加してきました。の2

<<   作成日時 : 2015/03/09 02:22   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


土台が見えますが、ここに木村さん宅がありました。
約60年前からここに家があったそうです。
捜索していたがれきの場所から、直線で300mくらいでしょうか。

画像


ご自宅跡から、すぐの丘に、汐凪ちゃんを想いお地蔵さんを建立しました。

画像


優しいお顔です。

画像


気温は低くても、線量が高くても、津波にさらわれた土からは、春を感じさせる力を感じます。

画像


海に向かって倒れています。

画像


画像


ギリギリ津波を免れたお寺に向かいます。

画像


境内にある線量の推移を示した立て札。

画像


汐凪ちゃんです。

画像


お寺の裏にある会館に、がれきから見つかった木村さんの家族の遺留品が展示してありました。
たくさんの品が見つかっています。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


自宅のすぐ近くのがれきから、衣類などが出てくるということは、自宅にいて津波にさらわれた汐凪ちゃんも、もしかすると、そこにいるかもしれないと思えるのは当然です。

この場所が、今後、中間貯蔵施設になった場合どうなるのか・・・

まだ、実際には正確な結論は出ていません。

大切な場所を、勝手に取り上げることは許されません。

何も悪いことをしていないのに、なぜ、取り上げるなどということができますか?

悪いのは、国と東京電力でしょう。

木村さんの言葉は、重いです。

画像


この、服などはこのお寺に保存されています。
なぜか?
線量が高いので、持ち出し出来ないのです。

切ないです・・・

間違ってますよね。。。絶対に。。。普通の出来事の結果ではないわけです。。。



画像


そして、大熊町を出るときに、スクリーニングを受け、防護服を返却します。

画像


町のあちこちに置いてある袋・・・
この、袋を集める場所が、中間貯蔵施設になります。

画像


翌日は、南相馬の上野さん宅で、菜の花の苗に追肥のお手伝いです。

画像


菜の花が育ち、巨大な迷路をつくります。
子供達の笑顔を見たいという願いで、福興浜団のみんなで大切に育てられています。

画像


午後からは、南相馬市市民交流センターで、「福島から考える未来」という講演会がありました。
4時間にわたる、いろいろな方からの意見が多く聞けて勉強になりましたし、行政への不満などやっぱりいろいろな問題が山積しているのだと、再認識しました。
やっぱり、地元の方からお話を聞かないといけないと思います。

ネットからの悲観的な情報ばかりでイメージを作ってしまうと、実際の福島で頑張っていこうとしている方との距離が知らず知らずのうちに乖離していくような気がします。

3月11日に向けて、また多くのテレビ番組があると思います。
是非、見て欲しいと思います。
繰り返しになりますけれど、できたら福島に行ってみてください。
そして、地元に戻って周りの人に教えてあげてください。

よろしくお願いいたします。

画像


画像


木村さんが、大熊町市長に提出した意見書です。
読んでみてください。

ふるさと応援隊では、大熊町へのツアーを企画しています。
興味のある方は、是非参加してみてください!
http://ameblo.jp/npookuma/entry-11982609862.html

木村さんのフェースブック
https://www.facebook.com/yuna.mayu.miyu

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「福島の現実を見て、聞いて学ぶ会」に参加してきました。の2 F1撮影旅日記と、あれこれ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる